巻物

マダムヘナ 白髪にはブラウンやソフトブラックを選ぼう:マダムヘナで白髪を染める!利用レビュー

ヘナでの白髪染めが面倒だと感じる方、またヘナ初心者にもおすすめの製品です。

ホーム >> マダムヘナ 白髪にはブラウンやソフトブラックを選ぼう

マダムヘナ 白髪にはブラウンやソフトブラックを選ぼう



白髪を染めるためのヘナのことを、当サイトでは「ヘナ」とそのままの名前で呼んでいますが、実はヘナの粉末だけでは白髪はオレンジ色にしか染まりません。

白髪を黒くして目立たなくしたいのに、オレンジ色だとかえって目立ってしまいますよね。

白髪用に販売されているヘナは、ヘナの粉末にナンバンアイ葉(インディゴ)などのハーブを混ぜることで黒色を作り出し、白髪を黒く目立たなくします。

天然成分だと色の調整ができないのでは…と思われている方もおられるかもしれませんが、成分の配合量を調整する事によって、明るいブラウンや黒など、微妙な色の違いを作り出すことができるんです。




マダムヘナは全4色

現在、シムシムジャパンさんが販売しているマダムヘナには、ソフトブラック、ブラウン、オレンジ、クリアの4色が提供されています。


これはクリアとブラウン

うち、白髪に向くと思われるのはソフトブラックとブラウンです。
ソフトブラックはナンバンアイ葉の配合量が多く、白髪に使うと黒くに色付かせることができます。

一方でブラウンは、ソフトブラックよりもナンバンアイ葉の配合量を少なくしたもので、やや明るめのブラウンに染まります。

私自身は、元の髪色はブラウンがちょうど良い感じですが、ソフトブラックの黒さが好きでよくそちらを利用しています。

ソフトブラックだと暗すぎる、しかしブラウンだと明るすぎる…なんて方は、両方の粉末を混ぜるとちょうど良い色味を作り出すことができるため、髪色に合わないから使えないなんてことはありません。




ちなみに、オレンジとクリアの2色は一体何に使うのかというと、白髪を染めるためにではなく、髪に栄養を補給したり、髪のキューティクルのダメージを補修する目的で使われます。



ヘナって髪のトリートメントにも利用できるのですよね。

クリアはともかくオレンジなんて、髪がものすごい色になってしまわないのかと心配される方もおられるかもしれませんが、ヘナは白髪を染めることはできますが、黒髪を明るくすることはできません。

ので、黒髪の方であればオレンジを使っても髪が明るくなってしまう心配はありません。

一方で白髪の方がオレンジを使用した場合、黒髪はともかく白髪は明るいオレンジ色になってしまいますので、おすすめできません。

白髪が混ざっている方がヘナをトリートメントに使用する場合には、クリアを使用するか、ソフトブラックやブラウンのヘナを使用し、白髪を染めるついでにトリートメントするとよいでしょう。




なお、黒髪でも若干茶髪よりの黒髪の方っていますよね。

そういった方がオレンジを使用した場合、今以上に髪が明るくなることはありませんが、多少髪にオレンジっぽい色味が付いてしまう可能性があるため、髪色を変えたくない方はご注意ください。

手裏剣


巻物の端